入れ歯

入れ歯

入れ歯とは?

入れ歯とは?

入れ歯とは、加齢や事故、むし歯や歯周病などの病気により失った部分に、人工の歯茎を含む義歯をはめ込み、お口の機能性や審美性を改善させる治療です。
すべての歯を失った場合に使用するものを「総入れ歯」と言い、1本でも歯が残っている状態で使用するものを「部分入れ歯」と言います。
入れ歯の種類には、床部分にチタンを使用した「チタン床入れ歯」や、入れ歯を固定する金属のバネ(クラスプ)がない「ノンクラスプデンチャー」などがあります。

取り扱う入れ歯の種類

チタン床入れ歯

床部分にチタンという金属を使用した入れ歯です。
入れ歯そのものを薄く作ることができるので、装着した時の違和感が少ないという特徴があります。また、熱伝導に優れているので、食事を美味しく味わうこともできます。

メリット
  • 入れ歯を薄く作ることができるので、装着した時の違和感が少ない
  • 熱伝導に優れているので、食事を美味しく味わうことができる
デメリット
  • 金属のバネによって入れ歯を固定するので、審美性に劣る
  • 保険が適用されないので、費用が高額になる場合がある

ノンクラスプデンチャー

入れ歯を固定する金属のバネがない、審美性に優れた入れ歯です。
軽いので装着した時の違和感が少なく、金属を使用しないので、金属アレルギーの方でも安心してお使い頂けます。

メリット
  • 入れ歯を固定する金属のバネがないので、審美性に優れている
  • 軽いので、装着した時の違和感が少ない
  • 金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • チタンなどの金属床入れ歯と比べると、耐久性に劣る

レジン床入れ歯

床部分にレジン(歯科用プラスチック)を使用した入れ歯です。
保険が適用されるので、費用を抑えることができます。

メリット
  • 保険が適用されるので、費用を抑えることができる
  • ほとんどの症例に対して、使用することができる
デメリット
  • 耐久性に劣る
  • 咬合力に劣る
  • チタンなどの金属床入れ歯と比べると、熱伝導に劣る

入れ歯が合っていないと、どうなる?

入れ歯が合っていないと、「物を噛むと痛みが生じる」「入れ歯が浮く」「入れ歯がぐらぐらと動く」「上手く発音できない」などの問題が生じる可能性があります。
さらには、入れ歯が合っていないことにより噛み合わせにも狂いが生じて、頭痛、肩こり、耳鳴りなどの不定愁訴が起こる場合もあります。
こうしたことを避けるためには、「ご自身の歯に合った入れ歯を使用する」ことが大切です。もし今、「入れ歯が浮く」「入れ歯がぐらぐらと動く」などとお困りであれば、頭痛などの不定愁訴の発生に至る前に、一度当院にご相談ください。患者様の歯の状態を確認させて頂いた上で、適切な入れ歯をご提案させて頂きます。

pagetop