予防治療

予防治療

「病気にならないために行く」歯医者の新しい常識―予防治療

「病気にならないために行く」歯医者の新しい常識―予防治療

日本ではまだまだ定着していない考えではありますが、予防治療の先進国であるスウェーデンでは、「病気にならないために、歯科医院に通う」という考え方が一般的です。
その結果、スウェーデンの80歳以上の方の残存歯数は平均20本以上と、高齢になっても天然歯を維持しています。一方、「歯科医院は、病気になってから行くところ」という考え方が一般的な日本はというと、80歳以上の方の残存歯数は平均5本です。
このことからも、「病気にならないために、歯科医院に通う」という予防治療の基本的な考え方が、天然歯を維持するためにいかに重要であるかがおわかり頂けるかと思います。
いつまでも自分の歯で物を噛み続けたい、そうお考えであれば、当院で定期健診を受けられることをおすすめします。

「定期健診+ご自宅でのケア」で、効果的に病気予防を!

末永く天然歯を維持するためには、歯科医院で定期健診を受けるとともに、毎日ご自宅でしっかりと歯をケアすることも大切です。
当院では、効果的にご自宅で病気予防をはかって頂くために、ブラッシング指導も行っております。「磨いている」のと「磨けている」のとでは、効果に大きな差があります。患者様の歯に合ったブラシを使って、適切な方法で磨いてこそ、初めて効果的に病気を予防することができるようになります。
ブラッシング指導では、歯科衛生士がブラシの選び方から磨き方まで丁寧にご指導させて頂きます。
むし歯、歯周病と無縁な歯を手に入れるためにも、「当院での定期健診+ご自宅での適切なケア」を実践するようにしてください。

歯を失う原因第1位は「歯周病」第2位は「むし歯」

歯を失う原因第1位は「歯周病」第2位は「むし歯」

現在、歯を失う原因第1位は歯周病、第2位はむし歯であると言われています。どちらも耳馴染みのある病気で、それゆえに「たかが歯周病」「たかがむし歯」とお考えになっているかもしれませんが、それは間違いです。
それらは、あなたの「生涯、自分の歯で物を噛み続ける」という希望を阻む、恐ろしい病気なのです。
これらの病気を予防するためには、歯科医院での定期健診が不可欠です。定期健診により、歯を健康な状態に保つことで、天然歯の生涯維持をはかるようにしてください。
当院では、患者様の歯の状態により、1年、6ヶ月、3ヶ月に1回などの定期健診を推奨しております。

予防治療の治療メニュー

PMTC

PMTCとは、「PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング:Professional Mechanical Tooth Cleaning)」の略で、歯科医師や歯科衛生士が専用の器具を使って歯石や歯垢(プラーク)を除去する治療です。
ご自宅でのブラッシングなどのケアだけでは落とすことのできない汚れをきれいに除去し、効果的にむし歯・歯周病などの病気を予防します。

フッ素塗布

「歯のエナメル質を強化し、むし歯になりにくい歯を作る」「酸の生成を抑える」「歯の再石灰化を促進する」などの効果が期待できるフッ素を歯の表面に塗布することで、歯をむし歯になりにくくします。
また、再石灰化の促進効果により、初期のむし歯であれば治癒を早めることも可能です。年に2~4回程度定期的に塗布することで、予防効果を高めることができます。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

歯をむし歯から守るためには、毎日ご自宅でブラッシングすることが大切です。ただし、ただ「磨いている」だけでは高い予防効果は望めません。
患者様の歯に合ったブラシを使い、適切な方法で磨かなくてはいけません。
当院では患者様の歯の状態を確認させて頂いた上で、歯科衛生士がブラシの選び方から磨き方まで、丁寧にご指導致します。
お子様につきましては、保護者の方にブラシの選び方や磨き方などをご説明させて頂きます。

pagetop