詰め物・被せ物

詰め物・被せ物

詰め物・被せ物とは?

詰め物・被せ物とは?

詰め物・被せ物とは、加齢や事故、むし歯や歯周病などの病気により欠損した歯の部分に、「詰め物(インレー)」を詰めたり、「被せ物(クラウン)」を被せたりすることで、お口の機能性や審美性を改善させる治療です。
以前、むし歯治療で入れた銀歯が気になって、人前で口を開けて笑うことができないといったお悩みも、銀歯を「オールセラミック」などの天然歯と遜色のない白さを再現することができる素材に替えることで、解決することもできます。

取り扱う詰め物・被せ物の種類

オールセラミック

オールセラミック

セラミックのみを使って作られた詰め物・被せ物です。天然歯と比べても遜色のない白さを再現することができ、耐久性にも優れています。
金属を一切使用しないので、金属アレルギーの方でも安心してお使い頂けます。

メリット
  • 審美性に優れている
  • 耐久性に優れている
  • 金属アレルギーの心配がない
デメリット

天然歯よりも硬度が高いので、噛み合わせた歯を傷つける可能性がある

ジルコニア

人工ダイアモンドにも使用される素材「ジルコニア」を使って作られた、詰め物・被せ物です。
光の透過性に優れており、天然歯と比べても遜色のない白さを再現することができます。
耐久性にも優れており、金属を一切使用しないので、金属アレルギーの方でも安心してお使い頂けます。

メリット
  • 光の透過性に優れている
  • 審美性に優れている
  • 硬度が高く、噛み合わせの力が強い奥歯にも使用することができる
  • 金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • 歯を削る量が比較的多い

ハイブリッドセラミック

セラミックとレジン(歯科用プラスチック)を混ぜた素材で作られた、詰め物・被せ物です。硬度が天然歯に近いので、噛み合わせた歯を傷つけにくいという特徴があります。
金属を一切使用しないので、金属アレルギーの方でも安心してお使い頂けます。

メリット
  • 天然歯に近い白さを再現することができる
  • 天然歯に近い硬度なので、噛み合わせた歯を傷つけにくい
  • 金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • オールセラミックと比べると、審美性に劣る
  • 長期間使用すると、変色することがある

メタルボンド

メタルボンド

中身に金属を使用し、目に見える部分にのみセラミックを焼き付けた被せ物です。
内側に金属を使用しているので耐久性に優れており、噛む力が強い奥歯にも使用することができます。

メリット
  • 耐久性に優れている
  • 内側に金属を使用しているので、噛む力が強い奥歯にも使用することができる
デメリット
  • オールセラミックと比べると、審美性に劣る
  • 内側に金属を使用しているので、光の透過性は低い

ゴールド

ゴールド

金合成や白金合成(金にプラチナを加えたもの)で作られた詰め物・被せ物です。
歯との適合性が高くむし歯が再発しにくいという特徴のほか、硬度が天然歯に近いので、噛み合わせた歯を傷つけにくいという特徴もあります。
ゴールドは錆びにくいので、金属アレルギーの方でも安心してお使い頂けます。

メリット
  • 歯との適合性が高く、むし歯が再発しにくい
  • 天然歯に近い硬度なので、噛み合わせた歯を傷つけにくい
  • 金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • 審美性に劣る

パラジウム

一般的に「銀歯」と呼ばれる詰め物・被せ物です。
保険が適用されるので費用を抑えることができますが、審美性に劣り、金属アレルギーの方はお使い頂けない場合があります。

メリット
  • 保険が適用されるので、費用を抑えることができる
  • 硬度が高いので、ほとんどの部位で使用することができる
デメリット
  • 審美性に劣る
  • 金属アレルギーの方は使用できない場合がある
pagetop